丸棒
スツールを作ろうと思って脚の加工。今回は軽くてスタッキングが出来てということなので座をペーパーコードで編み込もうと思っている。材料は先日仕入れたホワイトアッシュで粘りがある材料なので結構細くしても大丈夫だろうとかなり絞っている。おまけにスタッキング出来るようにということで貫も無しで強度的にはちょっと不安。(^^;
さっそく旋盤で加工に入るが、いつもは思うがままに削っているのが今回はきっちりと寸法が決まっているので、まっすぐ直線でテーパーとなると思いの外苦労する。

これも量産するとなると治具が必須なのでルーターで加工できるように今度作ってみよう。鉛筆削りの親玉みたいなヤツで出来る道具も売ってはいるけど結構値段がするので躊躇している。
取りあえず完成。

このままではちょっとムラがあるので内丸鉋で仕上げにかかるが、どうも上手く削れないのであれこれ調整すると、なんと台下が狂ってる・・・
内丸鉋の台下直し??? そっか反対の外丸鉋で直せばいいのか、と言うのは簡単だけど、そう上手くは行かないのでスクレッパーやらで少しずつ調整していく。

やっと調子よくかかってきて気持ちよく作業が出来る。やはり道具は手入れして使わないといくら良いものがあっても宝の持ち腐れ状態だなと実感。

このホワイトアッシュという木は日本でいうタモの仲間だと聞きましたが、匂いもタモそっくりなんですね。たんに呼び名が違うだけかな??色はホワイトアッシュというだけあってタモよりかなり白くて自分としてはこちらの方が好きです。
[PR]
by WoodDrawer | 2006-02-13 00:00 | 木工
<< こね鉢 あられ組 >>