デシケーター

いきなり茶碗蒸しを作るわけではございません。(笑)
器を作って、仕上げに塗るのは漆かガラスコートなんですが、漆はともかくガラスコートは膜を作るとゆくゆく剥げてきてしまいます。なのでいつもは4回くらい塗ってはふき取り、ちょうど摺り漆みたいになるべく塗膜を作らないようにしています。
そこで最初一回目をもっと木地に吸い込ませようとこんなものを買ってみました。
真空ポンプで真空にして導管に、より吸い込ませようという試みです。
昔ナイフビルダーの人が柄の部分にエポキシを吸い込ませるのを見ていていつかはやってみようと思っていたわけで自作しようと、いろいろもくろんでいたんですが結局買ったほうが早いかと・・(^^;

泡がプクプク出て吸い込んでるのがわかりますか?透明なので見ていておもしろいものですが、ポンプを回すと一瞬中が真っ白になるのはどういうわけ?
うまくいったな~なんて思って5分ほど入れておいてさてふき取ろうと思ったら・・・
が~ん、すでに乾いてる。(^^;真空にすると乾きも早いのか?
必死になって擦り取って2回目を塗ってふき取ると、いい感じの半艶に仕上がりました。
やってみようという人は、泡が出なくなったらすぐに出してふき取るのが懸命です。
これって拭き漆にも良いかもね、今度やってみよう。
[PR]
by WoodDrawer | 2007-10-11 00:00 | 手道具 小物
<< これって 削ろう会 >>