カテゴリ:小型工具$Jig( 7 )
FMT
今回はこいつの紹介 LEIGHのFMT
日本流に言えば、ほぞとほぞ穴が簡単にできますよ~ってジグです。
これももう1年位前に買って箱だけ開けて、めんどくさそ~って、そのままになっていたやつです。(笑)
組み立ててしまえば、割と簡単に、ほぞとほぞ穴ができてしまいます。

まず、位置合わせ


大きさにあった型を取り付けて、ルーターでカット


あらま、こんな簡単に!(笑)



で、こんな簡単に椅子なんかもできてしまいます。黒のペーパーコードもいいですね~


LEIGHのジグのいいところはD4もそうですが、嵌合いのきつさが微妙に調整できるところで、つくりもしっかりしていて、だてに高いだけじゃありません。
自分的には、横切りと昇降盤、角鑿でやったほうが、早いかな(^^;
[PR]
by WoodDrawer | 2009-03-06 00:00 | 小型工具$Jig
MIRAIダブテールジグ
これも買ってから1年ぐらいたつでしょうか、やっと開封してみました。(笑)
その名のとおりダブテールを作る冶具で、大きさ固定、板厚は、12~25ミリ幅が400ミリまで加工できます。
この手の冶具は、いろいろ出ていまして、僕もLEIGEのD4ももっていますが、これは、いろんなことができますが、そのぶんセッティングも複雑で、面倒なので、ちょっとした物に手軽に使えるかなと思って、買ってみました。
そして、この冶具の売りが1/4のストレートビットだけでオスメス加工できるところです。
写真を見てもらえれば解るとおり、角が丸く加工されて、ちょっとかっこ悪いかなと思いましたが、出来上がれば、これはこれでいいかなと思ったりします。なにせお手軽なのがお勧めです。




[PR]
by WoodDrawer | 2009-01-21 00:00 | 小型工具$Jig
DOMINO
去年の暮れに、紹介すると書いておきながら、それっきりになっていたDOMINOです。

かなりきっちりとした仕上がりになるしほぞのきつさも調整できそうなので、中々使えそうです。
まだまだ本格的に使えないでしょうが、板剥ぎに使ってみました。

最初20センチ間隔で入れたらきつすぎて苦労したので、端と真ん中3箇所にしてその間はビスケットにしようと思います。
ビスケットはかなり余裕があるので多少目違いができますが、これだと殆どできません。
これでも入れるときにきついので、またまた、巷でうわさのあるものを買っちゃいました。(笑)
[PR]
by WoodDrawer | 2008-05-26 00:00 | 小型工具$Jig
サイクロン
そんなこんなで板金道具を持ってきてSPFも買い込んで取り付けにかかります。

枠を組んで中に収めて持ち上げようと思うと結構重いものです。仕方ないので他の作業をしてたらちょうど訪問者。(笑)手伝ってもらって無事壁面に取り付け完了。


ちゃんと分離するのか心配だったけど、細かい埃のような物まで分離するものなのですね~安心しました。排気を見ていると殆ど埃っぽいものも無く、このままでもいいと思うけど、気分的に排気を外に出す配管をして完了かな。
今は負圧でやってるけど、ゆくゆくはブロワを外に出して正圧にしようと思う。
これでごみ捨ても楽になる。

[PR]
by WoodDrawer | 2007-02-09 00:00 | 小型工具$Jig
おにゅう
先日PCのルーターが壊れたことを書いたけど、あれからAさんに色々探していただいたが部品を調達するのは難しそうなのでもう一台買うことにした。
PCをもう一台買うかどうか散々迷ったが、たまたまAさんがオークションに出品している黄色いやつが目に留まり、どうせならこれもいいかな~なんて悩んで結局これにした。
届いたばかりでまだ使ってはいないけど、モーターもそこそこ静かだし作りもしっかりしていて、なんとベースが三つも付いているし中々よさそうだ。

テンプレートガイドはPCのものが使えるし、コレットが純正ではミリのものは無いけどなんとマキタの物がぴったり(笑)これでインチもミリも使えるし言うこと無し。(^^)V
しかしいつも思うけどこの会社のものは立派なハードケースに入っているが、はっきり言って邪魔なんだよね~(爆)これいらないから、他のもの何かつけるか安くすればいいと思うのは僕だけ??
[PR]
by WoodDrawer | 2006-08-25 00:00 | 小型工具$Jig
超仕上げカンナ
工房の2件隣に廃虚のような小屋があり、越してきた当時は電気カンナの音などして大工さんかな〜などと思っていましたが、いつの間にやら音もしなくなり久々に人影を見かけたので覗いてみると取り壊すようで先代が廃業されて息子さんが中の整理をしていました。機械類はすでに引き取られるか廃棄したようで残っている鉄くずの中にこんなものが。

おお!埃はかぶっているがまだまだ使えそうな超仕上げじゃないか〜聞くと捨てるというので譲っていただきました。
マキタの超仕上げ250ミリで工房に運び込んで電源を入れると問題なく動き取説工具付きで十分使えそうです。ラッキ〜!
替刃も探しましたが見つからず取りあえず付いているものを外して研磨に出すことにしよう。試運転はそれからだね。(^^)
[PR]
by WoodDrawer | 2006-04-02 00:00 | 小型工具$Jig
薄板
縞々の鉛筆が作りたくて適当な材料をバンドソーで薄切りにしたんだけど、これを仕上げるのにどうすりゃいい?自動にはおっかなくて入れれないし手鉋はちょいと無理。う〜んと考えたらベルトサンダーがあったじゃないか〜!
しかし一番下げても3ミリくらいまでで今回のは1.5ミリにはしたいから考えた揚げ句コンパネにロールのサンドペーパーを貼り滑り止めにしてやってみた。
結果はバッチリ! こういうときドラムサンダーは危険も無く便利なものです。


[PR]
by WoodDrawer | 2005-09-02 00:00 | 小型工具$Jig