<   2005年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ステンレスって折れやすい?
なんだかんだと、でき上がってきました。錆がいやだからステンレスのビスを選んだ訳だけど、折れる折れる。
ちょっとインパクトが効くとポキッ!てな具合にすぐに折れてしまう。もちろん下穴も空けて殆どねじ山がかからないくらい大きいものを開けても簡単に折れてしまう。ステンにも材種があるだろうけど、これは錆びない代わりに特に粘りがないみたいだ。


[PR]
by WoodDrawer | 2005-07-29 00:00 | Harley&F100 パンプキン
硬いっ!
何が硬いって、デッキを作ろうとデッキ材を物色してセランガン・バツーという材料にしたんだけど、これがメチャ硬い。
重さもずっしりと重く、運ぶのにも苦労するけど、手入れ無しでも15年くらいは全然大丈夫みたいで、さすがデッキ材。でも以外と鑿とかの入りは良く、これで野外のテーブルなど作ったら面白いなと思う。
取りあえず刃が痛むと悪いのでdelta純正に変えて制作に入る。

高さが欲しいところもあるので、イモ接ぎで接着。接着剤は水に濡れるということで、タイトボンドⅢに決定。これって初めて使うけど、乾くと茶色くて弾力もある。

車じゃなくて、こういうウッドデッキのあるお家に住みたいよな〜〜(笑)

[PR]
by WoodDrawer | 2005-07-25 00:00 | Harley&F100 パンプキン
役立たず?

おいおいトラックなのに全く役に立たないだろ〜なんて突っ込まないように(笑)

いや〜木工をやってて良かったな〜 ウッドデッキにしよう。(笑)
しばらくは、こいつのことばかり書きそうだけど、これで木工のblogの面目が保たれるか?(^^;
[PR]
by WoodDrawer | 2005-07-22 00:00 | Harley&F100 パンプキン
これまで何度も手に入れようとして叶わなかった物をとうとう手に入れた。
Ford F100 通称パンプキン


こいつの実物を見たのは数える程しかないけど、初めてみたときから、いつかは手に入れたいと、ことあるごとに試みたが、いろんな諸事情で手に入れられなかった夢の一つ。
[PR]
by WoodDrawer | 2005-07-19 00:00 | Harley&F100 パンプキン
文机完成

やっとお披露目できます。オイルを3回塗ってワックスで仕上げです。
下で材の名前を忘れちゃったって書きましたが、気持ち悪いのでKWCさんに聞いてきました。(笑)
材はバーチだそうです。目が詰まった綺麗な材料でチェリーとかメープルに近い感じですが加工しやすくお値段もそこそこお安いです。

純和風っぽくならないように考えながら作りましたが見えるかな?(^^;
[PR]
by WoodDrawer | 2005-07-16 00:00 | 木工
最後の加工

いよいよ最後の加工と思われる抽斗の把手の制作に入る。
旋盤でちょいちょいとまあるいのを作る予定だったが、ちょいと凝ってみる。
抽斗の把手といえども、たがが把手、されど把手じゃないけど、あれやこれやと色々考えるもんです。
よそのページでも結構悩む人が多いみたいですが、結局無難な普通のものにしました。という記事をよく見かける。確かに悩むのも解るし普通のものに落ち着く気持ちも解る。
それくらい奥が深いものだ。(なんのこっちゃ)(笑)

抽斗を作ってみるとわかると思うけど、把手一つでずいぶんとイメージが変わるもので今回も色々と考えたけど、そこは持ち前のアイデアの無さで全然いいものが思いつかない。
しかし付けない訳には行かないので、取りあえず作ってみた。
しかしこれじゃあスタビーが泣くか?(笑)とはいえ、これも立派な旋盤作業だ!と言い聞かせて、あっという間に完成。

[PR]
by WoodDrawer | 2005-07-14 00:00 | 木工旋盤
完成間近
抽斗も順調に進んで、文机も完成に近づいてきました。長かったな〜
これが仕事なら大赤字ってとこだね。(^^;プロはこんなに手間かからないか。(笑)

無垢で家具を作ったときに抽斗の底板をどうするかかなり迷って、結局は適当な材が無いのと、手間をかけたくない誘惑にまけてシナベニアにしてしまったけど、これもまた意見が分かれるところで本体を無垢で作るんだから底板まで無垢で作ったほうがいいという人もいるし、狂いが無くて軽くて底板を薄くできる分容量が増えて、交換も楽にできるベニアがいいという人もいる。

どちらの意見も、もっともな訳でどちらがいいとは言えないけど、自分的にはやはり無垢で作りたいな〜 次回は絶対無垢でいこう。でも、前板は他に合わせるとしても中は狂いが少なくて、なるべく軽い材料を見つけなくては。安くも無くちゃいけないしね〜難しいとこだ。いい材料があったら教えてください。


写真の黄色いクランプは先日輸入したものです。こういった物はBESSEYが有名ですが、今回あえて他のメーカーのものにしてみました。普通は締めると根元と先の締めつけ圧力が違うように思いますが、これは均一に圧力がかかるように作られていて、ホントか?と疑いましたが確かに先が開くことは無いです。おまけにこれは持ち手がついてるヤツを逆に付けると開くほうにも使えて、便利です。
上でねじれを直しているのがBESSEYでも安いほうのUシリーズで、こいつは均一に圧はかからないけど、メチャクチャ軽くてそれなりに使い道はあります。

何でもそうですが、それなりの値段はするけど、いいものは見た目もかっこいいし、やはり良くできてるね〜
[PR]
by WoodDrawer | 2005-07-12 00:00 | 木工
ダブテール治具
チャリダーさんのリクエストにお答えして先日の輸入物を少し公開。出し惜しみ?(笑)
なことはないですが、ダブテール治具以外は、まだ箱から出しただけでして・・

で、大物はこのLeighD4ダブテール治具なんだけど、いや〜まいった
タイミング良く抽斗に間に合ったので包み蟻継ぎにしようと木取りしてテストピースでやってみるんだけど、写真のようにすき間ができて、この状態から悪戦苦闘丸二日。さすがに疲れた(笑)


つたない英語力でマニュアルを読むと、こういう状態になったらビットをすき間分出すように、みたいなことが書いてあるんだけど、これ以上出したら通し蟻継ぎになるでしょ?なんて突っ込みを入れながら、もうお手上げ状態で英語の理解力が無いのか発想が乏しいのか解決策は見つからず、ひとまず諦め状態です。誰かこの治具のスペシャリストがいたら、教えてやってください。(^^;

まあ、できないものは諦めて急きょ通し蟻継ぎに変更^^
これはうまくできるかな〜なんてかなりの不安を抱えながらやってみたら、こいつはあっさり完璧にできたので一安心。これまでできなかったら、意味ないからな〜(笑)


もうちょい、ない頭を絞って考えてみるぜ〜〜!(^^;
もっと詳しいインプレや他のものは後日紹介させていただきますのでお楽しみに^^
[PR]
by WoodDrawer | 2005-07-10 00:00 | 手道具 小物
週末工房
かなり前に買ったにもかかわらず、やっと読み出しました。
この本も半年に一回ですが、もうNo3なのですね。
もう一つの某書籍はあまりパッとしないけど、こちらは今回も結構読みごたえがあります。
個人的な感覚だし、雑誌社も万人が満足するものを作れるはずも無く、ここで決めつけてしまうのは申し訳ないけど個人的には、こちらの方が充実していると思います。

今文机作っていますが、タイミング良く小抽斗の記事。う〜ん、参考になるな〜 というか作る前に読めば良かった。(笑)
しかし、抽斗はこれからなので参考にさせていただきます。家具の作り方とか、家具に対する考え方とか人それぞれで基本的には同じようなことなんでしょうが皆さん違いますね。

[PR]
by WoodDrawer | 2005-07-07 00:00 | Other
ターニング

最近旋盤の話が出ないので、やってないんだろうな〜と、思うでしょうがちゃんとやってます。(笑)
滋賀ナイスさんからのお土産でボウルでも作ろうと思って、切り出したけどこのくらいの大きさでも大変だ〜おもわずチェンソーが欲しくなる。(^^;
直径にすれば30センチも無いのにかなりのボリュームで750だから多少いびつでも挽けちゃいますが、そうじゃなかったら結構真円にまで近づけて掴まないとダメだろうな〜
それでも、やっとここまで来ましたが先は長そう。中までカビが来てるのでうまく挽けたら漆に決まり。

先日のアメリカからの荷物は、ちゃんとその日の夕方に届いて心配してた問題もなく、壊れているものも無くひとまず今回のチャレンジは成功だったようです。^^

[PR]
by WoodDrawer | 2005-07-06 00:00 | 木工旋盤