<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ハードな週末
週末土曜に宮本家具工房さんの生徒さんの作品展が開かれていたので見に行ってきました。
去年も行こうと思って行けなかったので今年はやっと行けました。
生徒さんとのことですが技術もさることながら、色んなアイデアで作品を作っていていい勉強になりました。宮本さんは残念ながらお忙しそうで挨拶程度しかお話が出来ませんでしたが、とても優しそうでお相手できなくてすいませんと帰りがけにも挨拶頂き、こっちが恐縮してしまいました。今度時間がある時でもゆっくりとお話がしてみたいです。

そこそこに切り上げて今度は、工房 悠の杉山さんが岡崎のギャラリーでで個展をされていると聞きそちらにお邪魔しました。これまた残念ながら杉山さんはお客さん?と思われる方と商談中で一言も話せず・・こちらは客でもないので話を割って入る訳にも行かず残念ですが作品を拝見してすごすごと退散。作品はそりゃあもう凄かったです。(笑)でも、お高いんだろうな〜と思って値段を見るとかなりリーズナブルな気がしたのは僕だけ?

その後今度は、知多半島で工房をなさっている工房 斎の斎田さんの所へ。
今度は事前に連絡させていただいていたので、ゆっくりとお話をうかがうことが出来ました。
斎田さんは自動車整備工場をなさっていて、それをすっぱり止めて木工の世界へとのことで
それに誰にも習うことなくやり始めたと聞きビックリ。
お忙しいのにお手伝いの方も一緒に長い時間お相手していただき、お二方ともとても気さくな方で時間が経つのも忘れて話し込んでしまいました。工房を出てから調子に乗りすぎたと反省・・・(^^;
こっちがお邪魔したのに、帰りにお土産まで頂き斎田さんありがとうございました!

次の日は琵琶湖湖岸でやっているイベントに滋賀ナイスさんが出店されているということで先日注文した割れ止めをもらいに行きがてら見学。
いつもの永源寺の木地師さん達と一緒に出店されていて、ああでもないこうでもないと、またまた終了まで長居してしまう。なんでこう話が尽きないんだろう・・・(爆)
小物も仕入れてまたまたお土産まで頂き帰路へ。

どうも、バシャバシャ写真を撮るのが苦手で、写真は1枚も無し。

お世話になった皆さんありがとうございました。福井にお越しの際は是非遊びにきてくださいね〜
[PR]
by WoodDrawer | 2006-10-30 00:00 | Other
こね鉢の仕上
やはり拭き漆で仕上ることにしました。画像は薄めた生漆を摺り込んで3回目です。
1回目2回目はかなり吸い込んで艶も何も無かったですがこれくらいから徐々に艶が出てきます。
生漆だけだとかなりムラが目立つので次回から黒で拭いていくことにしようかなとも思います。
なんか古びた感じのいい具合に仕上がる予感(^^)

[PR]
by WoodDrawer | 2006-10-17 00:00 |
ガラスコート
旋盤で器類を作っていると仕上げをどうするか結構迷うものです。
水を殆ど使わないものであればオイルでさっと仕上げるのも良いけど汁物になるとどうしたものかと思案します。
個人的には汁物の器には漆が一番良いと思いますが、これが特徴なので仕方が無いですが何に塗っても同じ色合いになってしまい、これはこれでいいのですが透明の木地に仕上げる場合木固めエースやガラスコートなどを使っています。
今まで使っていたガラスコートが手に入らないようになったとtakeさんから聞いていましたし、先日滋賀ナイスさんからも電話があり何か良いものが無いかな~などと相談を受けいろいろ探してみました。
ネットにはガラスコートなるものが、沢山ありますが、殆どが建築用で木、それも器によさそうなものは皆無でやっと岡山のとある会社にたどり着き乾いてしまえば毒性も無く木材の伸縮にも多少追従するというガラスコートを見つけました。

荷姿です

これで2万円なり。高~~(^^;
匂いはアルコールのにおいとガラスコート独特のにおいがしますが、嫌なにおいでもなく指触乾燥で3時間、完全乾燥で12時間と今までのガラスコートのように完全硬化に数ヶ月もかかるというようなものではないみたいです。
粘度も殆ど無く水のように木地に吸い込んでいき写真は楓の器に2回塗りですがいい感じの半つやに仕上がり熱いお湯や醤油等を入れてみましたがシミにもならず使えそうです。
ただ購入するには契約書を取り交わさないといけなくて用途以外、転売も禁止と書かれています。(^^;

[PR]
by WoodDrawer | 2006-10-16 00:00 | 木工旋盤